じゃがりこの魅力を語っています★
じゃがりこの情報ならコチラ♪

じゃがりこ

じゃがりこの歴史

じゃがりこは、1995年からカルビー株式会社が製造・販売しているジャガイモを主原料としたスナック菓子。一度ふかしたジャガイモを細い棒状に整形して油で揚げたもので、カップ状の容器に入れられている。

じゃがりこはカリカリ・サクサクとした独特の食感や、さまざまなフレーバーが限定商品として販売されること、また、製品にお湯をかけるとマッシュポテト状に戻ることなども面白がられ、子供や若者に人気がある。じゃがりこにお湯を入れるとマッシュポテトになることは女子高生が発見した。

じゃがりこはオープン価格だが、発売から2005年現在まで、コンビニエンスストアではおおよそ140円(税抜)ほどで販売されることが多い。しかし、内容量は何度か変動しており、メーカーは量を変えることで価格を維持しているものと思われる。じゃがりこは安売り店では100円前後のこともある。なお、2006年には内容量が半分ほどのじゃがりこの「みにかっぷ」というものも発売されており、こちらは通常価格で90円程度である。

カルビーの原料じゃがいもはおもに国産であるが(2005年春、ポテトチップスに外国産のいもも使用することを発表)、じゃがりこについては以前から外国産の原料が使われてきた。輸入ジャガイモは、長期保存が必要であるため、ポストハーベスト農薬等、安全性について議論がある。

この記事へのコメント
なるほど
at 2011年10月28日 09:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12699996
この記事へのトラックバック